いつものプレイの中でスパンキング

以前から目をつけていた女の子がすぐに案内出来るということで、少し時間に余裕を見てもらって来てもらうことにしました。場所は池袋のラブホテルです。ここだと女の子も歩いて来ることが出来るのでベストな立地なのですよ。ホテルに先入りして、待ち合わせの時間少し前にSMデリヘル嬢が到着してくれました。軽く挨拶を済ませてから、シャワーを浴びて、改めて挨拶しつつ、トークもそこそこにプレイスタートです。スパンキングコースなので、終始私がリードするということではなくて、攻めて攻められての中で私が女の子のおケツを平手で叩けると言うコースですね。これはとくに女の子がMだからというわけではなくて、私の攻め心を満たしてくれるものです。これが一番非日常的というか、日常では絶対に出来ないプレイですからね。実際に女の子の大きなお尻を叩くといい声を上げて鳴いてくれるのでそれに呼応するようにさらに叩いて・・の繰り返しでさらにフェラチオをしてもらってのザーメン発射となりました。

別の23区体験談